プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

飲食歴 20歳~現在まで

某大手飲食チェーン店で四年間勤務した後、焼鳥一番(大阪野田阪神店)フランチャイズに加盟し独立しました。
三年半の営業の後、大阪福島で(本気炭火焼鶏料理壱屋)を開業、平成21年6月(本町店)を開業、現在に至る。
 嫁、娘各ひとりずつ持ち。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 確率 | メイン | 習慣 »

2010年3月18日 (木)

絶対数

私が飲食業に携わって12年になりますdash


今までに何百人と面接してきまして採用してきました。
最近の若者の家庭事情も少なからず関わってきました。
驚くことかもしれませんが採用したスタッフのほとんどが片親です。

私の世代にも数えるほどはいましたが、今ほどはいませんでした。

どの家庭にも事情があると思いますが、何故こんなにも多いのか考えました。私の独断と偏見による・・・

大阪府は生活保護を受けている家庭が全国で一番多いそうです。【今回府の行政関係の話はしませんが】
片親でも生活が成り立ってしまう環境がかえって世の中の雇用問題に対して悪影響を及ぼしているんじゃないかと感じます。

生保を受けている家庭の子が働いて収入を得ると地方に返さなくてはいけません。 働けるなら金貰うなってことです。

実際役所にばれて連絡がきたこともあります。雇う側にはそんな家庭の事情など聞く必要ないので・・

スタッフの親によってはそんな理由があるので子供を働かせたくないとゆう所もあります。

ありえん話です

子供にとって社会に出る前のいわば『実践訓練』がどれほど大事なことなのかをワカッテイナイ親はアホです。

店にとってド素人から育てていくことがどんだけ大変かを一般の方は知りません。
でも教えている側は、この子がうちを卒業して社会に旅立つ頃には、まともに会話出来るようになればいいな、と思いながら指導教育しているんです。

ほぼ親の感覚です。

少しでも一人の若者に接することがあるならば責任を持って接しよう。と内の責任者達には言っています


なるだけ子供がアルバイトをしたいと言っているのであればやらせてあげて下さい。

不況で雇用が少ないと言われる世の中でも常に人材不足の業界もあるんです。
【いい店はいい人間によって創られる】

世の中にいい店を残すためにはみなさんの協力が必要ですrunrunrun

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/567155/28499675

絶対数を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

本気炭火焼き鳥料理 壱屋 本町店 のサービス一覧

本気炭火焼き鳥料理 壱屋 本町店