プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

飲食歴 20歳~現在まで

某大手飲食チェーン店で四年間勤務した後、焼鳥一番(大阪野田阪神店)フランチャイズに加盟し独立しました。
三年半の営業の後、大阪福島で(本気炭火焼鶏料理壱屋)を開業、平成21年6月(本町店)を開業、現在に至る。
 嫁、娘各ひとりずつ持ち。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

メイン | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

俺のじゃない

仕事が終わっていつもチャリンコで帰りますwheelchairwheelchair


もちろん鍵をかけて止めています。 大阪は自転車盗難率日本1ですnote


なので鍵をかけます。confident


そんなある日、いつもの様に帰るときチャリンコの鍵を開けサドルにまたがろうと足を上げたとき


 【俺のじゃないっsign02


私の自転車には6段切り替えが付いています。

コレにわ付いていません。

あれっ俺のチャリンコ切り替え無かったっけ?


ちがう、コレ違うgawk


偶然にも自分の自転車と同じ様な色の自転車に鍵さしたら開いて、乗りかけてしまったんですねsweat01sweat01こんなことあるんですねeyeeye


この切り替えが無いほうの持ち主が僕のチャリンコを間違って乗ってかないように、軽く祈った夏の日でしたsunsun

せみ

特徴

熱帯や亜熱帯の森林地帯に分布の中心を持つが、亜寒帯の森林、あるいは草原に分布するものもいる。約3,000種が知られ、テイオウゼミのような翅端までが130mmくらいの巨大なものから、イワサキクサゼミのように20mm程度のものまでいる。
成虫の体は前後に細長い筒型で、頑丈な脚、長い口吻、発達した翅などが特徴である。一方、触角は短い毛髪状であまり目立たない。翅は前翅が大きく、休息する際は体の上面に屋根状にたたむ。前翅後縁と後翅前縁は鉤状に湾曲していて、飛翔する際はこの鉤状部で前後の翅を連結して羽ばたく。一般に飛翔能力は高く、羽音を立てながらかなりの速度で飛ぶ。
オス成虫の腹腔内には音を出す発音筋と発音膜、音を大きくする共鳴室、腹弁などの発音器官が発達し、鳴いてメスを呼ぶ。また、外敵に捕獲されたときにも鳴く。気管の拡大によって生じた共鳴室は腹部の大きな空間を占め、鳴き声の大きな中型種であるヒグラシやヒメハルゼミなどでは腹部を透かして見るとほとんど空洞に見えるほどである。セミに近縁のヨコバイやアワフキムシなどにも同様の発音器官があるが、これらはセミのように人間にはっきり聞き取れる音量・音域ではなく、一般に「鳴く昆虫」とは見なされない。
一方、メス成虫の腹腔内は大きな卵巣で満たされ、尾部には硬い産卵管が発達する。
生態

セミは、卵→幼虫→成虫という不完全変態をする虫である。
日本の場合、成虫が出現するのは主に夏だが、ハルゼミのように春に出現するもの、チョウセンケナガニイニイのように秋に出現するものもいる。成虫期間は1-2週間ほどと言われていたが、これは成虫の飼育が困難ですぐ死んでしまうことからきた俗説で、野外では1か月ほどとも言われている[1]。
さらに、幼虫として地下生活する期間は3-17年(アブラゼミは6年)に達し、短命どころか昆虫類でも上位に入る寿命の長さをもつ。
鳴き声 [編集]
鳴き声や鳴く時間帯は種類によって異なり、種類を判別する有効な手がかりとなる。たとえば日本産セミ類ではクマゼミは午前中、アブラゼミやツクツクボウシは午後、ヒグラシは朝夕、ニイニイゼミは早朝から夕暮れまで、などとなる。
夏に多いとはいえ真昼の暑い時間帯に鳴くセミは少なく、比較的涼しい朝夕の方が多くの種類の鳴き声が聞かれる。
排泄 [編集]
セミを捕えるのに失敗すると、逃げざまに「尿」のような排泄物をかけられることが多い。
俗に「仕返しにおしっこをかける」などと言われるが、実際は飛翔の際に体を軽くするためという説や膀胱が弱いからという説もある。体内の余剰水分や消化吸収中の樹液を外に排泄しているだけで、外敵を狙っているわけではない。そのため飛翔時だけでなく樹液を吸っている最中にもよく排泄する。
また、「セミのおしっこ」はほとんど水の便で、有害物質はほぼ含まれない。
生活史

セミの幼虫は地中生活で人目に触れず、成虫は飼育が難しいので、その生態について十分に調べられているとは言えない。したがって、ここに書かれていることも含めて、検証が不十分な事項がある。
幼虫
交尾が終わったメスは枯れ木に産卵管をさし込んで産卵する。枯れ木の上を移動しながら次々と産卵するため、セミが産卵した枯れ木は表面が線状にささくれ立つ。
ニイニイゼミなど早めに出現するセミの卵はその年の秋に孵化するが、多くのセミは翌年の梅雨の頃に孵化する。孵化した幼虫は半透明の白色で、薄い皮をかぶっている。枯れ木の表面まで出た後に最初の脱皮をおこなった幼虫は土の中にもぐりこみ、長い地下生活に入る。
幼虫は太く鎌状に発達した前脚で木の根に沿って穴を掘り、長い口吻を木の根にさしこみ、道管より樹液を吸って成長する。長い地下生活のうちに数回(アブラゼミは4回)の脱皮をおこなう。地下といえどもモグラ、ケラ、ゴミムシなどの天敵がおり、中には菌類(いわゆる「冬虫夏草」)に冒されて死ぬ幼虫もいる。
若い幼虫は全身が白く、目も退化しているが、終齢幼虫になると体が褐色になり、大きな白い複眼ができる。羽化を控えた幼虫は皮下に成虫の体が出来て複眼が成虫と同じ色になる。この頃には地表近くまで竪穴を掘って地上の様子を窺うようになる。

雨上がり後のセミの竪穴。縁石の短辺寸法は10cm。
羽化


終齢幼虫の羽化の様子
晴れた日の夕方、目の黒い終齢幼虫は羽化をおこなうべく地上に出てきて周囲の樹などに登ってゆく。羽化のときは無防備で、この時にスズメバチやアリなどに襲われる個体もいるため、周囲が明るいうちは羽化を始めない。このため、室内でセミの羽化を観察する場合は電気を消して暗くする必要がある。夕方地上に現れて日没後に羽化を始めるのは、夜の間に羽を伸ばし、敵の現れる朝までには飛行できる状態にするためである。木の幹や葉の上に爪を立てたあと、背が割れて白い成虫が顔を出す。成虫はまず上体が殻から出て、足を全部抜き出し多くは腹で逆さ吊り状態にまでなる。その後、足が固まると体を起こして腹部を抜き出し、足でぶら下がって翅を伸ばす。

地上に這い上がる幼虫


木の幹を登る


背が割れて白い成虫が顔を出す


足でぶら下がり翅を伸ばす


抜け殻

アブラゼミの羽化(写真はそれぞれに別の個体)
翌朝には外骨格が固まり体色がついた成虫となるが、羽化後の成虫の性成熟には雄雌共に日数を必要とする。オスはすぐに鳴けるわけではなく、数日間は小さな音しか出すことができない。ミンミンゼミの雌は、交尾直前になると、雄の鳴き声に合わせて腹部を伸縮させるようになるので、その時期を知ることができる。
成虫
成虫も幼虫と同じように木に口吻を刺して樹液を吸う。幼虫は道管液を吸うが、成虫が樹液を摂食した痕には糖分が多く含まれる液が出てきてアリなどが寄ってくることから、成虫の餌は師管液と考えられる。ほとんど動かず成長に必要なアミノ酸などを摂取すればよい幼虫と異なり、飛び回ったり生殖に伴う発声を行う成虫の生活にはエネルギー源として大量の糖分を含む師管液が適すると推測される。また逆に、土中の閉鎖環境で幼虫が師管液を主食とした場合、大量の糖分を含んだ甘露を排泄せざるを得なくなり、幼虫の居住場所の衛生が保てなくなるという問題もあり、幼虫が栄養価の乏しい道管液を栄養源とする性質にも合理性が指摘できる。
成虫にはクモ、カマキリ、鳥類などの天敵がいる。スズメバチの中でもモンスズメバチは幼虫を育てる獲物にセミの成虫を主要な獲物としていることで知られ、個体群の存続に地域のセミの多様性の高さを必要とする。
分類

テチガルクタ科 Tettigarctidae
オーストラリアに1属2種が生息する。
テチガルクタ属 Tettigarcta : チカメゼミ
おもな種類

日本産
西日本と東日本、低地と山地、都市部と森林で生息するセミの種類が異なる。また、南西諸島や小笠原諸島にはそれぞれ固有種が生息し、日本本土のものと似ていても集まる木や鳴き声が異なる。
全部で30種あまりが知られるが、チッチゼミ Cicadetta radiator、エゾチッチゼミ Cicadetta yezoensis、クロイワゼミ Baeturia kuroiwae の3種はチッチゼミ亜科 Tibicininae、それ以外はセミ亜科 Cicadoidae に属する。
なお、鳴き声は文字で表現するのが難しく、同種でも人によって表現が異なる。
ハルゼミ Terpnosia vacua
体長23-33mmほどで、オスの腹部が長い。マツ林にすむ。成虫は和名通り4月中旬頃から入梅の頃までに発生する。ゆっくりと「ジーッ・ジーッ…」と鳴く。
ヒメハルゼミ Euterpnosia chibensis
体長23-28mm。西日本の照葉樹林に分布する。オスは「ギーオ、ギーオ…」と鳴き、集団で一斉に鳴く習性がある。
イワサキクサゼミ Mogannia minuta
体長13-16mm、翅端まで2cmほどしかなく、日本最小のセミとして知られる。沖縄本島から八重山諸島にかけて分布する。成虫はサトウキビ畑やススキの茂みに発生し、4月頃には「ジー」と鳴き始める。サトウキビの害虫である。
ニイニイゼミ Platypleura kaempferi
体長20-25mmほどの小型のセミ。翅と体は褐色のまだら模様で、からだにうすく粉を吹く。他のセミより一足早く、6月下旬には成虫が発生する。サクラの木に多い。ぬけがらは他種より小さくて丸っこく、全身に泥をかぶっているので区別できる。
ヒグラシ Tanna japonensis
体長21-38mmほどで、ツクツクボウシより少し大きく茶色っぽい。ヒノキやスギの林に生息し、朝夕の薄暗い時間帯に「カナカナカナ…」という甲高い声で鳴く。その悲しげな鳴き声から晩夏のセミというイメージが強いが、ニイニイゼミと同じく6月下旬には鳴き始める。本種に多い寄生虫としてセミヤドリガが知られる。
ツクツクボウシ Meimuna opalifera
体長30mmほど。ヒグラシより小さく、緑と黒の模様がある。ヒノキ、クヌギ、カキ、アカメガシワなどいろいろな木に止まる。晩夏に多く発生し、宿題に追われる子どもたちのBGMとなる。オスは午後の日が傾き始めた頃から日没後くらいまで鳴くが、鳴き声は特徴的で、和名もこの鳴き声の聞きなしに由来する。鳴き声は「ジー…ツクツクツク…ボーシ!ツクツクボーシ!」と始まり、以後「ツクツクボーシ!」を十数回ほど繰り返し、「ウイヨース!」を数回、最後に「ジー…」と鳴き終わる。最初の「ボーシ!」が聞き取りやすいためか、図鑑によっては鳴き声を「オーシツクツク…」と逆に表記することもあるまた、1匹のオスが鳴いている近くにまだオスがいた場合、それらのオスが鳴き声に呼応するように「ジー!」と繰り返し声を挙げる。合唱のようにも聞こえるが、これは鳴き声を妨害しているという説がある。
ミンミンゼミ Oncotympana maculaticollis
体長30-36mmほど。体つきが丸くて翅が長く、翅を含めた大きさはアブラゼミとほぼ変わらない。体は緑と黒のしま模様で翅は透明。東日本では平地の森林に生息するが、西日本ではやや標高が高い山地に生息する。和名通り「ミーンミンミンミンミー…」という鳴き声で知られる。
エゾゼミ Tibicen japonicus
体長65-68mmほどで、北海道では平地に生息し、東日本~九州では山地に生息するクマゼミと同等の大型のセミ。木の幹に逆さにとまる。鳴き声は「ギー…」と聞こえる。エゾゼミはマツ、スギなどからなる冷涼な針葉樹林に生息するが、近縁のコエゾゼミ Tibicen bihamatus、アカエゾゼミ Tibicen flammatus はブナ林に生息する。
アブラゼミ Graptopsaltria nigrofuscata
体長56-60mmほどで、クマゼミやエゾゼミよりやや小さい。セミの翅は一般的に透明だが、本種は不透明な褐色をしている。いろいろな木に止まり、都市部の公園等にも多い。午後の日が傾きかけた時間帯によく鳴き、「ジジジジジ…」という鳴き声は夏の暑さを増幅するような響きがある。
クマゼミ Cryptotympana fucialis
体長60-70mmほどの大型のセミ。体色は黒く、頭部と胸部が幅広い。おもに西日本の平地に分布するが、20世紀後半頃から東日本でも分布を広げている。地球温暖化の影響も考えられるが、人為的移入やヒートアイランド現象の影響も考えられ、単に温暖化が原因と断じることはできない。朝や雨上がりの日差しが強くなる時間帯に腹をふるわせながら「シャンシャンシャンシャン…」と大声で鳴く。

せみうるさい

2009年7月29日 (水)

セミナーに行ってきました

今日は、アサヒビールさん主催の従業員教育の為のセミナーに参加してきました。memo


参加した理由は、『どうゆう従業員教育をすればいいのか』を知りたいからではなく、このセミナーを受講するあのテレビや本で有名な【ミステリー覆面調査】を無料で受けれるからなのですsign03


日々お客サマに喜んで頂けるよう努力をしておりますが、実際はどうやねんと、自分の店は客観的にみてイケてるのかと、知りたくてアサヒビールさんに勧められていってみました。

セミナーの内容はまあそんなもんはわかっとるって感じのものでしたが、再確認とゆう意味では、よかったかなgood

shineshine次は、ヘッポコ社員どもを参加させようと心にきめた日でした。shineshine

いい店だねって言ってもらえるようこれからもがんばりやすrunrun


2009年7月28日 (火)

信号と人生

いつものようにチャリンコに乗り、いつもの道のりをいつものスピードで美味しい焼き鳥屋いちおくに向かいました。wheelchairwheelchairwheelchair


私福島区に住んでいまして、なにわ筋を南に下り堂島川、土佐堀川をこえ本町に行きます。


途中、信号がが5つあるのですが一つ目から四つ目までどこで引っかかっても、かならずうつぼ公園前の信号で赤になります。down


signalersignaler世の中の信号は交通規制をするため何キロ先までのことを考えて設定されていると聞いたことがあります。


してはいけないことですがですが、しょっちゅう信号無視をしますrunrun


でも、必ずうつぼ公園前の信号で赤になりますdangerdangerdanger


そこまで計算してんのsign02


今、ブログをいちおく本町店でかいているんですが、
槇原 敬之の「とおく~とおく~」が流れてますbellbellbell


世の中のレールに逆らって生きているつもりでも、それもまたレールに乗っかっていきてることなんだってことを少し考えさせられた、そんな今日このごろでしたsunsunsun

2009年7月27日 (月)

それをきいてるんだ

今日は仕入れを来月から本町店店長の『杉原 けんいち』にまかせ少し遅めの出勤をしましたspa


店に行く前にとある便利なお店で、一口から揚げとブレンディのお得コーヒーを買い、今話題の【FOOMOO】の支払いをしようとレジに並びましたskiski


レジには若くまだ経験の浅そうな(いろんな意味で)『アルバイト君』が会計をしてくれました。


この付近の休日は会社が休みなので、人が少ないのですが、私が店に滞在した時間帯だけレジが混んでて、特殊な紙切れをもった私の会計になった瞬感、『アルバイト君』は隣のレジにさっと横滑りし、他のお客さんの会計をやりだしました。


「あれっ」sign02と思った刹那店長風のおじさんが登場し、私の会計をやりだしました。


店長風のおじさんconfident

「これはsign02

  と『アルバイト君』に聞きました。

『アルバイト君』

  「51450円です。sweat01」と答えてました。

レジの受け皿には¥54000あり、店長風のおじさんは少し止まりました。mistmist

私の前のお客さんが支払った¥2000がそのまま置いてあったんです。

店長風のおじさんは

  「これはsign02sign02

  と『アルバイト君』に聞きました。

『アルバイト君』は、

  「これは違いますsweat01

と¥2000をレジに入れました。


「それをきいてるんだsign03sign03sign03annoyannoyannoy


店長風のおじさんは普通にキレマシタ。


もらったお金すぐなおさないと駄目ですよねnotesnotesnotes

私は全部わかってたんですが、『アルバイト君』がどうゆう対応をするのか見たくて、そして店長風のおじさんがどうゆう対応をするのか見たくて・・・


【やっぱりねっ】てゆう感じのリアクションアリガトウゴザイマス。confidentconfident

仕事ってこうやって成長していくんですね。goodgood

2009年7月26日 (日)

いちおく福島店

昨日はヘルプで福島店で働いていましたrunrun


働いてたメンツの紹介をちょっとしてみます。shineshineshine


店長     キダム  さわやかな好青年風、何回かしゃべるとあきる。


アルパイト1 アトシ  未成年。見た目は24歳くらい。おこちゃま。


アルパイト2 ムネ   もじゃもじゃ。よく南米人に間違われる。パーマではない。


アルパイト3 タナちゅう 医大志望の浪人生。頭は賢い。オネエ系にもてる。


アルパイト4 リナ   当日唯一の女性従業員。お客様によく「アンパンマンに似てるね。」っていわれてる。(顔は食べれません。)

ちょこちょこ福島店に行くのでまた紹介していきたいと思いますgood  

天神祭りと雨

今日もいつものように天満に食材の仕入れに行こうと家を出たらびっくり

するくらいのrainrainrainでカッパに着替えて出直しました。

「梅雨終わったよな」sign02ってくらいの感じでしたが時間もないのでい

そいで愛車(6段切り替えのやつ)に乗って行きましたwheelchair


案の定、ズボンはびしょぬれで半泣きになりながら扇町通りからデイリーヤ

マザキの横の道を進み天神橋筋商店街を横断しようとすると(この商店街い

つも人が多いannoy


いつもの12倍強の人波がsign03sign03

      天神祭りだ

忘れてましたdogそういえばそやったな。

ありえん人波の中を無理やり押しのけて愛車(青色の素敵なやつwheelchair

をねじ込み目的地に行きましたhappy01


帰る際、丁度神輿を担いでるとこに遭遇し、ちょっとみてました。rouge


若い大勢の男女が大きな掛け声で叫んでましたupup

みんなちゃぱつのイケイケな感じでした。

大阪の祭りってどこもこんな感じconfident

今日も仕事の私にはあまり関係のないイベントですrun


2009年7月24日 (金)

靭公園の人々

♂「まてまてーrun、」

♀「キャーsweat01wheelchair

♂「おじさんがおいしいところにつれてってあげるよrestaurant

♀「わたし、やきとりがたべたいsign01

♂「それなら本町に美味しい焼き鳥屋さんがあるから行こうsmile

♀「私、しってるtuliptulipまじやきいちおくでしょsign02

♂「なら話が早いsign01、今すぐ行こうrunrun。」

♂♀「みんなで美味しい焼き鳥屋さんまじやきいちおくにいこうgoodgood

とゆうわけで、うつぼ公園在住のブロンズさんたちは今日も本町にある美味しい焼き鳥屋さんまじやきいちおくに足を運ぶのであった。


尚、知らない人に声をかけられてもついて行かないでくださいshineshine

【このブログに登場する人物は当店と一切関係ございません】

2009年7月23日 (木)

天満のおばはん

今日も野菜を仕入れにチャリンコwheelchairで天満にいきました。


いつもの八百屋で買い物です。
 
ここの店員ほんま愛想ないdown

けど安くて品物も豊富だから買ってしまうところが少し悲しい。confident

レジで並んでたら(いつも混んでる)後ろのおばはん

『かいわれ1ケースで¥100やってsign01

『こんなん買ったらマンションの人に配らなあかんわpresent

『けど持ってったら毒でも入ってるんちゃうか?ってゆわれるわっ。』

『ちゅうか知り合い一人もおらんけどなsign01


っておばはんがその前のおばさんにしゃべってた。

で、その後

『かいわれ1ケースで¥100やってsign01

『こんなん買ったらマンションの人に配らなあかんわpresent

『けど持ってったら毒でも入ってるんちゃうか?ってゆわれるわっ。』

『ちゅうか知り合い一人もおらんけどなsign01

ってまた今度はレジの人に言ってた。

ぜんぜん知らん人にもお構いなし。

大阪のおばはんはこうやって日々を強く生きてるみたいですsun

2009年7月22日 (水)

炭屋のおっさん

今日は、炭火焼鶏に欠かせない「備長炭」を注文する日です。

ウチノ炭屋さんは市内の某○○商店。
今日も注文して、お店の開店時間ちょっとすぎくらいに持ってきてくれました。

大阪の商売してる人って『みんなこんなんか』なってゆう風な、感じのひとです。
『まいどですーーーupup

『炭ここでええでっかsign02

『いつもおおきにーーupup、すんませんーすぅbleah


この最後の『すいませんーすぅ』の『すぅ』ってなんやねん?

いつも気になるこの『す』にちっちゃい『ぅ』。

たまに店員同士でモノマネする程度のおっさんの話でした。run

本気炭火焼き鳥料理 壱屋 本町店 のサービス一覧

本気炭火焼き鳥料理 壱屋 本町店